結論!本当にお金を稼ぐための方法

make-money

お金を稼ぐ方法を知りたい人は多いと思いますが、基本的に世の中にお金を得るには以下の方法しかありません。

・起業する
・投資する
・雇用される
・ギャンブルをする
・貰う
・奪う

このうち、「ギャンブルをする」、「貰う」は自分でコントロールできません。また「奪う」は犯罪です。

ですので選択肢は「起業する」、「投資する」、「雇用される」の3つに絞られるかと思います。

この3つは組み合わせることが可能です。起業しつつも投資したり、雇用されながらも副業として起業したり投資することができます。

「さあ、お金を稼ぐ方法が分かりましたね。頑張って稼いでください!」

簡単にぼろ儲けできる方法

と、多くの人が知りたいことはそういったことではなく、労力や時間投資が最小限で、かつ誰でも再現性の高い方法で、できればぼろ儲けできる具体的な方法を知りたいのだと想像します。

そのような方法は確実に存在します。

しかしそういった稼ぎ方(誰でも情報を知るだけで簡単に再現できてしまう)は、参入者も多いため直ぐに(2年くらいで)稼げなくなることも事実です。

故にその手法であまり稼げなくなってくると、今度はそのノウハウを売ることで稼ごうという人が現れます。「あいつは詐欺師だぁっーーー!」と騒いでいる人を稀にみかけますが、殆どは詐欺ではなく本当にその方法で稼げた時期があった訳です。

世の中の技術やサービスにアンテナを立て、自分の頭で考え仮説を立て、まだ稼げるかも分からないうちからリスクをとって行動し続ける人しか普通はぼろ儲けできないんです。

ビットコインをマイニング(採掘)する、iPhone向けのゲームを作る、ebayから個人輸入する、キンドルで出版する、3Dプリンタで人間を印刷する、ドローンで空撮する、クラウドファンディングで資金調達して商品を作るなどは、今ではノウハウが一般化していますが、初期に興味を持ち行動した人はごくわずかです。

時間をかければそれなりに稼げる

あまり素早く行動したりリスクを取ることが得意で無い人は、時間を味方につけるのが一番良いと思います。長時間続けることが出来る努力家には、天才も負けることがあります。

投資であれば短期売買ではなく長期積立で運用する。物販であれば転売のような単発的な売買では無く、ネットショップや実店舗で仕入先や顧客と長期の関係を築いていくといったことです。

稼ぐための王道の方法は既に体系化され、書籍などで公開されています。投資であれば「ウォール街のランダムウォーカー」や「敗者のゲーム」などを読むと良いと思います。

ほとんどの人は全く稼げない状況が1~2年続いたら(早い人では3ヶ月で)その市場から撤退していきますので、2~10年続けるとかなり成功する可能性は高まります。

10年など過ぎてしまえばアッという間です。「急がば回れ」、「継続は力なり」ということです。昔から残っている言葉だけに真実を示していますよね。

ではでは、じぇーむでした。

本記事を共有していただける方はこちら

フォローしていただける方はこちら